アピールしたい時に活躍する

>

わかりやすく情報を提供する

どんな写真を使えばいいのか

写真を使うのはいい方法ですが、何でもいいわけではありません。
綺麗に写っている写真でないと、消費者が興味を持ってくれないので気をつけてください。
商品の見た目がよくわかる写真を使って、宣伝してください。
インフルエンサーは、写真を撮る時の注意点などを意識しています。
いくつかのポイントを抑えることで、綺麗な写真を撮ることができます。

撮影する際は、背景にも注意してください。
背景が汚いと、そちらばかりが気になって新発売の商品が目に入りません。
できれば白い背景の前で、商品を撮影しましょう。
それなら、何にも邪魔になりません。
明るすぎる場所では画面が白くなるので、見えにくいです。
場所によって明るさを調整してください。

簡潔な文章を心がけよう

ネットで商品の説明をする際は、文章が長くなりすぎないように気をつけてください。
消費者にたくさん伝えたいことがあっても、文章が長くなると読んでくれません。
頑張って長文を書いたとしても、無駄になります。
簡潔にまとめることで、内容もわかりやすく消費者が読んでくれます。
長文になった際は、いらない部分がないか読み返してください。

自分では、いらない部分を発見できないかもしれません。
その場合は、第三者に読んでもらうのが良い方法です。
客観的な意見を聞くことで、いらない部分を指摘してもらえます。
慣れれば、どんな文章でも簡潔にまとめることができるでしょう。
経験を積み重ねて、商品をうまく消費者にアピールしましょう。


TOPへ戻る